秋田県 湯沢市  課題解決 地域活性化 地場産業 広報・PR 企画 学生 夏休み 

2017/8/18 更新

観光・道路情報源をまとめることで、改善プロセスを体験しよう!!

株式会社 小町の郷 (道の駅 おがち)

秋田県最南端の道の駅「小町の郷」で観光・道路情報格差を改善しよう!!

・多くの観光情報にふれることができる!
・観光・道路業界へのヒアリングによる情報格差の改善へ挑戦しよう!!
・課題解決へのアプローチ方法を学べる!

インターンシップ内容紹介

「道の駅おがち」は女流歌人・小野小町生誕の地とされる湯沢市小野地域に所在する秋田県最南端の道の駅です。当駅はオープン以来、要の施設といえる農産物直売所の再整備や自家製ジェラートやカレー、パスタなどの軽食が楽しめるカフェスペースのオープンなど、場内のコンテンツを充実させてきており、利用者の皆様からは大変好評を得ております。
 その一方で「秋田県入りしてからの最初の道の駅」という点において、道路情報や観光情報の要求の高まりに対して十分とはいえない現状にあります。お客様が求めているのは湯沢市はもちろんですが、観光情報であれば、県央や県北、沿岸地域などの全県規模の情報であったり、道路情報であれば、冬期間の閉鎖、春先の解除情報、さらに被災・イベント等に関係する交通規制の情報であったりと、大切な情報ばかりです。道路情報は各管轄においてネットやデジタルサイネージなどを通じて発信されていますが、発信タイミングや情報更新頻度がまちまちであり、各方面に一元化された情報がないためにお客様が混乱されるケースが多く、当道の駅の観光案内窓口に苦情を寄せるお客様が多いように感じます。
 そこで今回実施するインターンシップでは、道の駅おがちにおける提供したい【観光】+【道路】情報源の把握と、リスト化をしていただきます。情報入手の手法は様々で、一方的に出されるものや問い合わせしないとわからないものなど、情報源に応じて対応しなければいけません。今回のインターンシップでは、情報源へのヒアリングにより、情報入手の仕組みづくりを整理して、リスト化をすること考えています。具体的には、情報を入手するためのルールづくりや季節的な情報の入手方法などが整理できると情報格差を改善できると思います。
 なお、ヒアリングに関しては事前に項目選定をしてから望みますし、さらに、弊社メンターがサポートしながら実施していただきますので、安心して実施していただけます。
 情報アクセスといった点において、まだまだ縦割りの情報がほとんどです。学生の皆さんと一緒に改善していくことで地域への波及効果もあると考えています。ぜひご応募ください!!
道の駅おがち内休憩棟内部にはインフォメーションセンターがあり、地域の観光ガイドさんが応援に駆けつけて地域密着の観光案内を行っており、このような方々との連携によってお客様に大変喜ばれています。ただし、観光ガイドさんにも情報格差が多少あり、それを解消するためにもリスト作成が急務となっております。

道の駅おがち内休憩棟内部にはインフォメーションセンターがあり、地域の観光ガイドさんが応援に駆けつけて地域密着の観光案内を行っており、このような方々との連携によってお客様に大変喜ばれています。ただし、観光ガイドさんにも情報格差が多少あり、それを解消するためにもリスト作成が急務となっております。

休憩棟内に道路情報などのデジタルサイネージ(インフォメーションディスプレイ)や観光パンフレットラックが設置されています。このパンフレットについても、現在は設置内容にムラ(湯沢雄勝地域外はあったりなかったりという状態にあります)があり、改善すべき課題のひとつになっています。

休憩棟内に道路情報などのデジタルサイネージ(インフォメーションディスプレイ)や観光パンフレットラックが設置されています。このパンフレットについても、現在は設置内容にムラ(湯沢雄勝地域外はあったりなかったりという状態にあります)があり、改善すべき課題のひとつになっています。

期待する成果 観光・道路情報の入手における仕組みづくり
観光・道路情報源の把握とリスト化
内容 秋田県最南端の道の駅「小町の郷」における観光・道路情報源をまとめよう!!

第一週~ 「道路情報入手の仕組みづくり」
【インプット①】
 ・オリエンテーション(事業内容説明・施設見学、駅長と意見交換)
 ・インフォメーションセンタースタッフ(メンター)との意見交換
 ・意見交換を受けて、湯沢市・湯沢河川事務所へのヒアリング項目を決める。
【アクション①】
 ・湯沢市・湯沢河川事務所へのヒアリング ※予定 時期が前後する場合あり
 ・道路情報入手方法についてまとめる。(情報入手先のリストづくり)
第二週~ 「観光情報入手の仕組みづくり」
【インプット②】
 ・ヒアリング項目を決める。
【アクション②】 
 ・周辺地域の観光協会訪問、ヒアリング ※予定 時期が前後する場合あり
  雄勝、湯沢、羽後、増田、横手、大仙地域への訪問を予定しています。
第三週~
 ・観光情報入手方法についてまとめる。(情報入手先のリストづくり)
第四週~
 ・まとめた道路・観光情報入手方法をカテゴリー化するなど活用シーンを想定しながらリストを最適化する。
【社内共有】
 ・プログラム実施内容をまとめ、社内報告会
 ・振り返り

得られる経験 ・取材(ヒアリング)手法に係るノウハウを学べます。
・観光、道路業界の人たちとコミュニケーションできます。
・改善のプロセスを経験できます。
対象となる学生 ・観光分野に興味がある人
・取材などに興味がある人
・社会での実践経験を積みたい人
事前課題 自宅の近くにある道の駅や観光案内所の機能、カバーしている観光・道路情報について観察し、自分なりに長所と短所をまとめてください。
実施期間 平成29年9月〜12月の間で4〜5週程度を予定していますが、希望学生のスケジュールに対応できるよう、相談可能です。
勤務条件 弊社へ通勤できる学生 活動時間内の食事は弊社にてご用意いたします。
勤務地 道の駅おがち 秋田県湯沢市小野字橋本90
活動支援金 宿泊費、交通費の一部を支援します。事前にご相談ください。

受入事業所紹介

秋田県最南端の道の駅

道の駅おがちは国道108号線、国道13号線を介して宮城、山形の県境を越えて最初に立ち寄る事ができる道の駅です。利用者は年間約50万人を超え、ドライバーや観光利用者にとっての拠点施設となっています。トイレや休憩といった基礎機能のほか、お土産などの物産販売のほか、レストラン、屋台、カフェ施設を併設しスタイルの違うグルメも楽しめます。

事業内容 ①湯沢雄勝地域を中心とした、秋田県内の物産販売 ②飲食サービス ③農業生産物直売 ④観光情報の発信 ⑤トイレ、休憩設備
設立 平成10年8月21日
代表者 押切 宗助
従業員数 33名
資本金 5,000万円
売上高 533,544,840円
URL http://www.michinoeki-ogachi.co.jp

経営者メッセージ

「道の駅おがち」の更なる魅力を一緒に引き出して下さい!

“秋田県の南の玄関口の道の駅”という重要な役割を担っている道の駅です。ここ数年で山形・宮城・関東方面から訪れるお客様が飛躍的に増加しており、各種サービスのブラッシュアップに取り組んでいるところですが、改善すべき点はまだまだあるように思います。ぜひ若い方のフレッシュな視点で、私達では気づかない道の駅おがちの魅力を引き出してください!期待しています!

佐藤 光一 / 駅長/支配人

スタッフメッセージ

インターンシッププログラム担当をしています。一緒に楽しく取り組みましょう!

小嶋 武俊 / 総務部 販促担当

お問い合わせ

株式会社小町の郷 【道の駅おがち】
秋田県湯沢市小野字橋本90
E-MAIL:kryss894@ybb.ne.jp
担当:小嶋武俊(こじまたけとし)

インターン検索 カテゴリー
ワーキング
対象
期間